《Youtube》【iDeCoニュース】iDeCo(イデコ)亡くなったらお金どうなるの?

株式

初心者から上級者まで、すべての投資家が楽しんで株式投資を学べるように
Youtubeで人気の株式投資に関連する動画をピックアップして毎日お届けしています!!

毎日の市況やニュースの確認、明日の投資戦略、世界情勢、IPOを始めとする注目銘柄等の動向など
株式に関する最新情報はWIZEでチェック!!
短期的な投資戦略に加えて、iDeCoやNISA等の長期的な資産形成に関する情報もアップデートしていきます!
厳選された投資情報を活かして、是非あなたの投資に役立ててください!!!

【WIZE】 《Youtube株式動画ニュース》iDeCo(イデコ)亡くなったらお金どうなるの?

今回は
『iDeCo(イデコ)亡くなったらお金どうなるの?』
についてお話します。

公的年金である国民年金や厚生年金では、
被保険者もしくは被保険者であった方が亡くなった時には、
その方によって生計を維持されていた遺族が受けることができる
『遺族厚生年金』と『遺族基礎年金』があります。

イデコの加入者や年金受給中の方がお亡くなりになった場合には、
その遺族に『死亡一時金』が支給されます。

死亡一時金と名の通り、受け取り方は一時金のみとなります。
老齢給付金や障害給付金のような、年金か一時金とその併用を
選ぶことはできません。

金額は原則として残された資産相当額となります。

死亡一時金のお金は「みなし相続財産」として課税されます。
法定相続人一人あたり500万円までが非課税となります。

死亡時から5年以内に運営管理機関に対して
請求することが必要です。

死亡一時金の受取人は、
あらかじめ受取人が指定されていればその人、

指定がなければ下記の受取順位となります。

第一順位 配偶者(内縁を含む)
第二順位 亡くなった方の収入で生計を維持していた
子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹
第三順位 第二順位以外で亡くなった方の収入で
生計を維持していた親族
第四順位 生計維持関係のない子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹

万一の時には、
イデコ個人型確定拠出年金からは『死亡一時金』
厚生年金からは『遺族厚生年金』などが、
国民年金からは『遺族基礎年金』などがある。

ということを思い出していただければ幸いです。

【びんぷう社労士事務所】https://binpusr.com/kenkyuu/

Twitterアカウント @wizepress

Twitterで株式に関するニュースをお届けしています。
Twitterアカウントをお持ちの方は、是非フォローをお願いします!!

動画掲載に関するご依頼はいつでも大募集中です!!

関連情報

  • 【引用元URL】https://www.youtube.com/watch?v=cWX7g90PZnk
  • 【VideoID】 cWX7g90PZnk
  • 【引用元】 sr binpu
  • 【再生時間】02:43
  • 【再生回数】 91
  • 【高く評価】 6
  • 【低く評価】 0
  • 【お気に入り】0
  • 【公開日】2019-06-22 16:03:12

◆◆◆ 気に入ってくれた方はシェアをお願いします!! ◆◆◆