《Youtube》【iDeCoニュース】iDeCo(イデコ)に必要なお金(手数料など)はいくら?

株式

初心者から上級者まで、すべての投資家が楽しんで株式投資を学べるように
Youtubeで人気の株式投資に関連する動画をピックアップして毎日お届けしています!!

毎日の市況やニュースの確認、明日の投資戦略、世界情勢、IPOを始めとする注目銘柄等の動向など
株式に関する最新情報はWIZEでチェック!!
短期的な投資戦略に加えて、iDeCoやNISA等の長期的な資産形成に関する情報もアップデートしていきます!
厳選された投資情報を活かして、是非あなたの投資に役立ててください!!!

【WIZE】 《Youtube株式動画ニュース》iDeCo(イデコ)に必要なお金(手数料など)はいくら?

今回は

『イデコにかかる手数料』

についてお話いたします。

大きく2種類に分けることができです。

1.口座を開設するための手数料
国民年金基金連合会への
口座開設手数料 初回時2,777円

2.口座を管理してもらうための手数料
1)国民年金基金連合会への手数料 
一律月額103円

2)事務委託先金融機関への手数料 
一律月額64円

3)運営管理機関への手数料
(機関によって異なる)

ですので、必ず必要となる費用は
初回に2,777円と、
毎月167円、毎年なら2,004円となります。

検討すべきは、運営管理機関への手数料ですね。

〇運営管理機関への手数料
①口座管理手数料
無料や定額、預けている資産額によるところと様々です。
無難に無料のところから選んでいいと思います。
ネット証券は無料のところが多いですね。

②信託報酬
信託報酬とは、投資信託を購入していると
発生する手数料です。

預けている資産額の%で設定されているため、
資産が増えれば増えるほど
信託報酬、手数料も増えることになります。
パーセンテージの低い商品を選びたいですね。

〇変更手数料や移管手数料
運営管理機関を変更する時や資産を移管する時に
手数料が発生するところもあります。

〇振り込み手数料
将来増やした資産を受け取る時にも振り込みの都度、
税込み432円がかかります。

一時金で受け取れば1回で済みますが、
年金として年間数回に分けて受け取るなら、
受け取り終わるまでずっと432円がかかってきます。

ご参考になれば幸いです。

【びんぷう社労士事務所】https://binpusr.com/kenkyuu/

Twitterアカウント @wizepress

Twitterで株式に関するニュースをお届けしています。
Twitterアカウントをお持ちの方は、是非フォローをお願いします!!

動画掲載に関するご依頼はいつでも大募集中です!!

関連情報

  • 【引用元URL】https://www.youtube.com/watch?v=zGyhSWZotH4
  • 【VideoID】 zGyhSWZotH4
  • 【引用元】 sr binpu
  • 【再生時間】04:12
  • 【再生回数】 76
  • 【高く評価】 1
  • 【低く評価】 0
  • 【お気に入り】0
  • 【公開日】2019-06-09 16:08:06

◆◆◆ 気に入ってくれた方はシェアをお願いします!! ◆◆◆