《Youtube》【iDeCoニュース】iDeCo解説2018 第4話 イデコの始め方

株式

初心者から上級者まで、すべての投資家が楽しんで株式投資を学べるように
Youtubeで人気の株式投資に関連する動画をピックアップして毎日お届けしています!!

毎日の市況やニュースの確認、明日の投資戦略、世界情勢、IPOを始めとする注目銘柄等の動向など
株式に関する最新情報はWIZEでチェック!!
短期的な投資戦略に加えて、iDeCoやNISA等の長期的な資産形成に関する情報もアップデートしていきます!
厳選された投資情報を活かして、是非あなたの投資に役立ててください!!!

【WIZE】 《Youtube株式動画ニュース》iDeCo解説2018 第4話 イデコの始め方

【便風社労士事務所サイト】http://binpusr.com/kenkyuu/

【イデコを始めるには?】
まず、イデコを始めるには運用商品を決める必要があります。
運用商品は大きく分けて2種類あって
一つ目が「元本確保型」と言われる定期預金や保険商品、
二つ目が投資信託です。
投資というとギャンブル的な感覚を持つかも知れませんが
ご安心ください。

投資信託という商品は、あなたが株などの売買をするわけではなく、
運用のプロであるファンドマネジャーが代わりにやってくます。
用意してある様々な投資信託商品をあなたは買うだけなので
心配ありません。

次に、そもそもそれらの商品はどこで取り扱っているのか?
取扱い先は「運営管理機関」と呼ばれておりまして、
銀行や証券会社、保険会社です。一人一つだけ決めることになります。

決めた運営管理機関で掛け金の支払い口座を作って、
選んだ運営管理機関で取り扱っている運用商品を購入し
資産を増やしていく流れです。

運用商品は各運営管理機関で違いますので、比較検討しながら決定することになります。
以前にお話した、掛け金の全額控除や運用益の非課税、受け取り時の税制面の優遇はこの運営管理機関への拠出や購入した商品による
運用益などに対して適用される訳です。

イデコを始めるには、運営管理機関を一つ選択する。選択するためには各運営管理機関で取り扱っている運用商品を比較検討して決める。

運用商品は大きく分けて2つ、元本確保型商品と投資信託があって、
掛け金はどの商品をいくら購入するかで決めていく。
掛け金の金額は、最低5,000円以上職業別の上限額以内
(1,000円単位)であなたが決めることになります。

なんとなくでも、イデコの全体像がみえましたでしょうか?
細かい部分については、今後お伝えしていきたいと思います。

ご参考になれば幸いです。

Twitterアカウント @wizepress

Twitterで株式に関するニュースをお届けしています。
Twitterアカウントをお持ちの方は、是非フォローをお願いします!!

動画掲載に関するご依頼はいつでも大募集中です!!

関連情報

  • 【引用元URL】https://www.youtube.com/watch?v=VQOzaei66ig
  • 【VideoID】 VQOzaei66ig
  • 【引用元】 sr binpu
  • 【再生時間】04:16
  • 【再生回数】 2187
  • 【高く評価】 10
  • 【低く評価】 0
  • 【お気に入り】0
  • 【公開日】2018-02-10 18:52:34

◆◆◆ 気に入ってくれた方はシェアをお願いします!! ◆◆◆